ご葬儀の種類

様々なご葬儀に対応
  • 家族葬
  • 一般葬
  • 社葬

家族葬

家族葬

大切な方と御一緒に過ごせる、限られたお時間を、ご家族だけ、あるいは限られた近親者の方だけでお過ごしいただけるお葬儀です。規模は小さくなりますが、お葬式の流れは基本的に一般葬と大きく変わりません。

最近家族葬を好まれる方が増えています。どなたにもお気遣いされることなく、ゆったりとおくつろぎいただけるというメリットの半面、葬儀後に不幸を知った方々が自宅へお悔やみに来られ、ご遺族がその対応で疲れてしまう、一般の方々を呼ばない事で親戚から不満の声が上がる、当初参列者を呼ばない予定が、情報が漏れてしまい、思いがけない参列者に対応に追われてしまう…等のデメリットがあり、注意が必要です。

シーンではご要望 にあわせて、あたたかな家族葬をご提案します。

一般葬

個人葬

ご家族、御親族だけでなく、町内会、会社関係、ご友人など、故人様と縁の深い方々にお知らせしご参列いただくもので、従来よく行われてきた基本的なご葬儀です。

会葬者は数名から数百名まで様々ですが、あらゆるお葬儀に真摯に対応いたします。

ご家族、ご親族から一般の会葬者まで、全ての方々に対する細やかな配慮と行き届いたサービス。

様々な出来事を縦糸に、多くの人との出会いを横糸に織り成してこられた人生模様。最近、家族葬が増えてきつつありますが、故人様の一生を振り返るとき、さまざまな『えにし』に結ばれた方々に送っていただければ、故人様もお喜びなのではないでしょうか。

社葬

社葬

企業の発展に尽くされた創業者、役員の方などのご功績をたたえるために、企業がご遺族と一体となり、ご葬送の儀式を執り行うもので、会社が施主となります。

社を上げて企業の功労者を追悼し偲ぶことは、故人様への何よりのご供養になることでしょう。

社葬には、密葬と社葬を分離する場合、通夜と葬儀を社葬として1度に行う場合、また日を改めて行われる場合も「偲ぶ会」「お別れ会」「告別式」「献花式」「告別献花式」など、様々な形式があり、それらを総合的にプロデュースするためには、培われた経験と独自のノウハウが必要となります。

弊社では、企画、進行、キャスティング、音楽など、すべての要素を「お客様の満足」という観点から検証・分析するとともに、風雨、気温、駐車場など、参列される方々の環境までを総合的にプロデュースいたします。


電話番号はこちら0120-94-1174
  • 資料請求お問い合わせ
  • ご葬儀の事前相談について
  • 供花受付フォーム
  • 会長のコラム 久世栄三郎の独り言
  • ご葬儀の種類
  • 採用情報はこちら
ページトップへ